弁護士の冷静なアドバイス│何が遺産になりえるのか事前に見極め必要

男性女性

財産の管理と相談

弁護士

遺産相続は正しく行う必要があります。しかし一般の方が独自で相続を進めるとどうしても不備が生じてしまう事もあります。その様な事態を防ぐ為には弁護士に依頼を行いましょう。弁護士なら正しい遺産相続を行う事が出来ます。弁護士に遺産相続を依頼すると、相続人の範囲確定から調査を行ってくれます。遺産を相続するには限られた人物のみになります。その為戸籍をしっかりと確認し遺産の相続意思があるか確認を行ってくれます。遺産相続を放棄する人物が出てきた場合には、放棄に必要な手続きも一緒に行ってくれます。

遺産相続の手続きを行う際には遺言書の有無も確認します。遺言書がある場合は遺言の内容にそって遺産相続の分割を行っていきます。遺産の分割で何を誰にどれだけ分けるのか、弁護士が公平に行ってくれます。遺産の分割ではトラブルが起こりやすいですが弁護士に任せる事で未然に防げます。

遺産相続には相続人と被相続人が存在しています。遺産の相続は相続人しか行う事が出来ないので被相続人は遺産に関わる事はありません。しかし、遺産相続のトラブルの中には被相続人が不自然に遺産の一部である預金を引き出す事もあります。弁護士はこの様なトラブルにも正しい対処を行ってくれます。どの様な意図で預金を引き出したか分からない場合を使途不明金と言い弁護士に調査依頼をする場合には明確な証拠が必要になってきます。遺産相続に関する資料をあらかじめ用意しておくと調査もスムーズに行えます。