弁護士の冷静なアドバイス│何が遺産になりえるのか事前に見極め必要

男性女性

税の問題

電卓

遺産相続には税理士に依頼するとスムーズに行えます。遺産には相続税というものが発生してきます。正しい相続税申告が行われていないと遺産を相続出来ません。自分で相続税申告手続きを行うにも沢山の専門的な書類があり困る事もあるでしょう。税理士が手続きを行うと不備も無くなり正しい相続が可能です。遺産相続には相続税が発生しますが、相続税の申告には期限が設けられています。個人差はありますが大体が10カ月となっており、この期間までに申告を行う必要があります。これらを期間内に相続税申告を行わない場合には税金控除の対象から外されてしまう可能性があります。

税理士に相続税申告を依頼する場合にはしっかりとした実績のある税理士を選ぶ様にしましょう。相続税申告の手続きに関して安さだけをアピールしている税理士を選ぶのは控えましょう。相続税申告の際には税金控除の対象になる項目がある事を覚えておくと便利でしょう。その中の1つは配偶者の控除です。遺産相続を行う場合に亡くなった故人の配偶者ならば1億6千万円以下の遺産であれば税金がかかりません。この税金の控除は法定相続人にも当てはまるので相続の際には税理士に確認を行いましょう。その他には10年以内に遺産相続を続けて行った人には相次相続控除という控除の対象になります。この場合には1度目の相続で支払った相続税の一部を2度目の相続から引く事が出来ます。10年以内であれば控除の対処になるのでしっかりと申請を行いましょう。